ドラムを構成する要素は、ずばり「ご飯とおかず」である! 初心者シリーズ①

LINEで送る
Pocket


初心者シリーズその① 

★このシリーズは初心者の方を対象にしているため、音楽的な語句を極力取り除いてご説明しています。

ドラムを構成する要素「ご飯とおかず」について解説させて頂きます。

 

 

 

まず、最初は疑問に思われたのは
「ご飯とおかず」とはなんぞや!?

ということだと思うのですが、これはドラムを構成する要素
“リズムとフィルイン”をご飯とおかず”に例えてみると
案外わかりやすい!ということで、いつからかドラム界隈で
言われるようになった例えです。

 曲を例にごはんとおかずを探す

下記の動画はみきとPさん作の有名ボカロ曲「いーあるふぁんくらぶ」です。

この曲の最初にでてくるドラムの音が聞こえてきたと同時に
1、2、3、4、5、6、7、8、
9、10、11、12、13、14、15、16・・・・・・・(繰り返し)

と数えてみて下さい。ドッチーパッチードッチーパッチードッチーパッチードッチーパッチー
1   2          3        4         5           6         7          8
ドッチーパッチードッチーパッチードッチーパッチードッチータカタカ
9      10        11      12       13        14      15       16

ドッチーパッチードッチーパッチードッチーパッチードッチーパッチー
1   2          3        4         5           6         7          8
ドッチーパッチードッチーパッチードッチーパッチードッチータンタカ
9      10        11      12       13        14      15       16

 

ざっくり言葉にしてみましたが、こう聞こえてくるはずです。

お分かりになるかと思いますが、16の所で一瞬違う音が入ってきています。
(厳密には15から入ってきているのですが、省略しています)

つまり、
”繰り返しで構成される”リズム(ご飯)
”繰り返さないで一回だけ入ってくる”フィルイン(おかず)
でドラムというのは構成されているというわけです。

これを例えるなら、
ご飯ぱくぱく、ご飯ぱくぱく、ご飯ぱくぱく、おかずをひょいっ。
ご飯ぱくぱく、ご飯ぱくぱく、ご飯ぱくぱく、おかずをひょいっ。となります(笑)

リズム(ご飯)に対して、おいしいフィルイン(おかず)を合わせることで
すばらしいドラムパターンができていくということですね!

どのタイミングでフィルイン(おかず)を
入れたらいいのかわからないと思うのであれば

4の倍数(4、8、12、16)の
タイミングで入れてあげると

とてもリズム(ご飯)にマッチした
フィルイン(おかず)になります。

4の倍数におくと、調味料としておかずに
塩をつけることができる・・・とでもいいましょうか(笑)

ので参考にしてみてください!

それでは一句、

良いごはん
探して曲を
あさる日々

LINEで送る
Pocket

コメントを残す