ドラムにおける、アレクサンダーテクニークの可能性。

アレクサンダーテクニークが最近になってドラム界隈で盛り上がりを見せています。
アレクサンダーテクニークを取り入れると

  • 肩こり腰痛が治る
  • 音質が向上する

など利点が一杯ありますので、その効果目的に講師資格を取る方も多いようです。
僕もそんな一人ですが!(笑)

アレクサンダーテクニークってそもそも何?

アレクサンダーテクニークがわからないという方はこちらの関連リンクをどうぞ!

なぜドラマーに有効なのか?

海外の超有名なドラマー達がなぜあんなに爆音で叩けるのか、
あんなに高速で叩けるのか考えたことはありますか?

 

それは、海外の有名ドラマー達は”身体を動かす技術”の勉強をしている方が多いんです。

 

例えば、ヴィニーカリウタは合気道を、パパイヤ鈴木・・・
じゃなかった、デニス・チェンバースは西洋の合気道として有名な
システマを勉強しています。

 

ということは、“身体を動かす技術”を勉強するということは、
ドラムの技術を向上させるのに必要不可欠な要素なんですね。

 

あの有名なバディリッチでさえ、タップダンスを嗜んでいたそうですので、
相当大事な要素のようです。

アレクサンダーテクニークは身体を動かす技術の中心的メソッドである

身体を動かすということにおいて、アレクサンダーテクニークはとても効果を発揮するメソッドです。

 

アレクサンダーテクニークを要約するのであれば、
自分の身体で不必要に動かしていることをやめることで、
最適なパフォーマンスを生むことができる。

 

そのようなメソッドです。

 

ドラムで例えるのであれば、腕の力みをとり、脱力することで
動きが早くなりタム回しなども早くなると思うのですが、

 

  • どこに力みが発生しているのか
  • なにを改善すれば脱力できるのか

 

をしっかりと理論だてて把握することができます。

 

ですので、アレクサンダーテクニークを学んだミュージシャンは
ドラムに限らず、何かを習得するスピードが極端にあがります。

 

正直、これが一番のメリットです。

 

中には、私、技術を習得するのが人より遅いんだよな・・・
って感じる方、いらっしゃると思います。

 

そういう人もアレクサンダーテクニークを学ぶことで、
より早く技術をマスターすることができるようになりますので、
興味のある方は、近くの先生に学びにいくのをおすすめ致します!

 

兵庫~大阪など、近畿圏にお住まいの方は是非!
僕の所にきてくださいね(笑)

>>>アレクサンダーテクニークの詳細をチェック!

今日の一句

アレクのね
資格をとるのは
難しい

コメントを残す