アレクサンダーテクニークでフォーカルジストニアは治るのか?

LINEで送る
Pocket

27今日は、ピアニストやミュージシャン
の職業病とも言える、

フォーカルジストニア(別名 局所性ジストニア、Musicians’s Cramp)についてお話ししていきたいと思います。

 

 

そもそもフォーカルジストニアって何?

フォーカルジストニアとはミュージシャンなら
だれでも唐突になる病気です。

簡単に言うのであれば、楽器を演奏する際に、
筋肉の動きを他の筋肉で勝手に補ったりするので、

指が動かせなくなったり、震えたりといった症状がおこります。
ミュージシャンなら天敵となるような病気ですね。

治療法はないの?

フォーカルジストニアに明確な治療法は
現在確立されていません。

ですが、多くの方がアレクサンダーテクニーク
を通して、なんらかの効果があった。
と言っているようです。

なぜアレクサンダーテクニークが治療にいいのか?

アレクサンダーテクニークには
“することをやめる”という基本理念があります。

演奏時にやらなくていいことを気づき、
やめていくことで理想的な演奏になる。

というのが基本アプローチになるので、
筋肉のムダな動きを取り除くことができるため、
アレクサンダーテクニークに効果があります。

どこでレッスンが受けれるの?

姫路ではなるせ音楽教室や出張、
加古川~大阪は出張オンリーでやっています。
詳しいことは公式HPにてご確認下さい。

今日の一句

アレクのね
レッスン通して
幸せに

LINEで送る
Pocket

コメントを残す