アレクサンダーテクニークはドラマーにとって有効なのか

アレクサンダーテクニークは何故ドラマーにとって有益なのでしょうか。

そんな疑問に、ドラマーならではの視点から、解説してみたいと思います。

 

 

 

ドラムとは、身体全体を使う楽器である

正直な所、ドラムって結構力を使うことが多い
です。(モーラー奏法を使えばそんなことはないですが)

ですので、力の入れどころや脱力の方法である、
アレクサンダーテクニークを学ぶべきです。

そうすることで身体能力を最大限発揮することができます。

タム回しが爆速になる

いやー、これは本当に大きな利点ですよね。

アレクサンダーテクニークを習うまでは、
6連譜のタム回しってBPM120ぐらいが限界でした。

でもアレクサンダーテクニークを極める内に
BPM180まで叩けるようになっていました。

アレクサンダーテクニーク恐るべしです。

腰痛、頭痛、肩こりが劇的に改善

正直これがドラマーにとっての1番のメリット
ではないでしょうか。

僕自身アレクサンダーテクニックの講師になりましたが、

  • ヘルニア
  • 肩こり
  • 首こり

ぜーーーーんぶ改善しました。

アレクサンダーテクニークは改善方法ではなく
予防を行うことに特化しているため、
絶対治る!とはいえないです。

ですが、悪い習慣の癖を取り除くことを
中心に行っているため、

  • ヘルニアの原因
  • 肩こりになった原因
  • 首こりになる癖

など、取り除く過程で全て治っていきます。

ドラマーさんだけでなく、
ミュージシャンの方や俳優の方、
身体に悩みのある方など、

色んな方におすすめできるものだと思いますね。

今日の一句

明日への
希望をもてる
アレクなら

コメントを残す