ルーディメンツの先駆者、Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)

20スティーヴ・ガッドはルーディメンツをドラムに適応した最初のドラマーで、色んなドラマーさんに尊敬されるドラマーです!

ルーディメンツを多用することで独自のドラムフレーズを次々に生み出したSteveGaddの情報をまとめました。

 

 

 

グルーヴスティーヴ・ガッド☆☆☆☆☆
ルーディメンツ☆☆☆☆☆
スティックコントロール☆☆☆☆☆
唸ってる率☆☆☆☆☆
渋さ☆☆☆☆☆

プロフィール

  • ドラムコー出身
  • ドラムセットに初めてルーディメンツを導入した
  • グルーヴの”泥臭さ”が一級品
  • 渋い
  • 数々の有名ミュージシャンとセッション経験あり
  • ピンクレディーの後ろで叩いたりもしていた

おすすめ動画

総評

日本のドラム界では特に有名なドラマーではないでしょうか。
上記のおすすめ動画でも最後にソロを行っていますが、

世にいう”ガッドフレーズ”見事なまでに連打してますね(笑)

このフレーズを真似して練習したドラマーさんは多いはず。
6連フレーズなんで使いやすいんですよね。

村上ポンタさんの得意フレーズに微妙に似ていると思ったら
ガッドに影響を受けたってフレーズの解説の時に言ってましたね。

ただ、ドラマーさんの中には面白くないしかっこよくないって
言う方もいらっしゃるかもしれないですね。

叩きまくるわけでもないし、派手なことするわけでもないし・・・
ただ、グルーヴ感は最高すぎるドラマーなので、
音源を聞いて損はないですよ!

ルーディメンツを語る上では避けては通れない至高のドラマー
“STEVE GADD”
色んな動画を見てみることをおすすめします!

今日の一句

ガッドをね
コピーしてたら
楽しいよ

コメントを残す