ドラムセット

EAD10のメリット・デメリットをレビュー!実際に使ってみて必要だったものを一覧にしました!

ead10の画像
最近、ドラム界をにぎわせている商品があります。

その名は「EAD10」です。ドラムに携わっている方は今までこのような思いになったことはありませんでしょうか?

  • 良い音質で叩いてみた動画を撮ってみたい
  • ドラムにエフェクトをかけてみたい
  • トリガー機能を手軽に使ってみたい
  • 自分の音をモニタリングしてみたい

などの欲求が手軽に実現できる機会が登場したのです!それが今回紹介する「EAD10」です。

今回はこの「EAD10」を実際にさわった感想やメリット、デメリットこれを買うまえに揃えておきたいものなどを中心に解説していきたいとおもいます。

 

EAD10の基本的な機能については下記のページと動画にまとめておきましたので、是非参考にしてみて下さい!

EAD10のメリット

叩いてみた動画、音質の向上

まずはこちらの動画をご覧ください。

実際にEAD10を使ってみて初めて録音した動画になっています。

そして下記の動画は、EAD10を使わずにビデオカメラで撮った音になります。

特に感じるのがスネアの音に違いがでてるんじゃないかなあと思います。

まあスネア自体が違うスネアを使っていますので、音が違うのはもちろんなんですが、EAD10の方が明らかに張りのある音になっているのがおわかりでしょうか?これだけ音質の差があって5万なら正直安いと僕は思っちゃいますね。

エフェクトかけて遊べる

なんといってもこれがでかい。エフェクトをボタン1つで簡単にかけれて遊ぶことができちゃうんです!

 

 

ドラマーなら一度は憧れる存在、そう!エフェクト。

 

 

ギターがエフェクターを使っているのを見て、俺も使いたい!なにそれ!というドラマーもたくさんいらっしゃると思います。何をかくそう僕がその一人でした(笑)

このEAD10はそんなドラマーの願いを簡単に叶えてくれます!

この動画を見るとおわかりだと思いますが、マイクも何も変えていないので、ボタン1つでここまでドラムの音が変えることができます!

エフェクトを使ってみたいな~というドラマーさんにとってもかなり使い心地の良い商品と言えるでしょう。

 

練習が捗る

自分の音全てモニタリングすることができますので、かなり練習が捗ります。

付属のアプリと一緒に連携させることで、いつでもどこでも自分の練習を録画、録音することができるようになっちゃいますよ!

EAD10のデメリット

少々値が張る

EAD10のデメリットの1つは値段が5万円と少し値が張るところでしょうか。

例えば、ただ低コストで叩いてみた動画を録音するだけであれば、ZoomのiQ7のような商品でも僕はいいんじゃないかなと思います。

ZOOM(ズーム)
¥7,884
(2018/12/13 23:51:03時点 Amazon調べ-詳細)

付属品だけでは満足するパフォーマンスをあげることができない

EAD10についてくる付属品だけでは、ベストパフォーマンスをあげることができません。

色々と環境によって買い足さないといけないものがでてきます。といっても主にケーブル類や変換ケーブルといった類になります。

次の項目では、EAD10を購入する際におさえておきたい商品をまとめてみましたのでご覧ください。

EAD10と一緒に購入するべきもの

EAD10を購入する際にチェックしておきたいのは以下の3点です。

  • IphoneかIpadをつなぐための変換ケーブル
  • ヘッドフォンを繋げるための端子
  • 録音するためのフラッシュメモリ

1つずつ見ていきましょう。

IphoneかIpadをつなぐための変換ケーブル

IphoneかIpadをつなぐ端子は、最近の機種を使っているのであればライトニング端子が多いと思います。

ライトニング端子・・・現在のIphoneの端子規格。Iphone7以降に搭載されている。
この端子をAUX端子に変換するケーブルを購入しておかないといけません。基本的にはEAD10ではIphone→AUX端子に接続して音源を流します。

ヘッドフォンを繋げるための端子

ヘッドフォンを繋げるための端子も買う必要があります。

基本的にパソコンに刺せるような小さな穴ではなく、EAD10の端子はアンプを刺す時のサイズと同じものですので、ヘッドフォン端子が小さい場合は大きいのに変換するものを購入する必要があります。

 録音するためのフラッシュメモリ

 

録音するためのフラッシュメモリを購入しておきましょう。

というのも実はEAD10本体には

  • 数十秒
  • 1テイク

のみの演奏しか録音することができません。そのため、自分の演奏を長期に保存しておいたり、編集しようと思ったらフラッシュメモリが必ず必要になってきます。

 

ここで問題になってくるのは何GBぐらいのフラッシュメモリを持っておいたほうがよいか?ということになってきますが、2GBのフラッシュメモリがあれば僕は事足りていますので2GBで充分かと思います。

Rec’n’Shareのダウンロード

公式サイトが出している、Rec’n’Shareというアプリを買う前にダウンロードしておきましょう!

このアプリは

  • 勝手にクリックがつく
  • 2秒戻し
  • A-Bリピート
  • テンポ調整

が無料でできるというえげつないアプリになってます。詳細は別記事にて書いていますので、参考にしてください。

Rec’n’Share
あわせて読みたい
Rec'n'Shareの解説とレビュー!ミュージシャンなら即導入おすすめなアプリ!Rec'n'Shareをミュージシャンのあなたはご存じでしょうか? Rec'n'ShareとはYAMAHAが最近出した無料アプリで...

EAD10のtwitter界隈の反応

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

EAD10の考察を色々とまとめてきましたが、正直いってドラマーなら買いの一言です!ドラマーのtwitter界隈でも話題になっていますが、本当にものすごく便利なガジェットになりますので、叩いてみた動画の音質を向上させたい方は是非検討してみて下さい!

 

それでは良きドラムライフを!

ABOUT ME
慎一郎
モーラー奏法、アレクサンダーテクニーク講師の慎一郎と申します。 このサイトは、アレクサンダーテクニークの観点から見た、ドラムの解説や、ドラム商品のレビュー、練習方法などを解説していく、ドラム情報総合サイトです。
error: Content is protected !!