ダブルキック

ダブルキックとは、その名のとおり一度の動作で2回のバスドラムを踏むことを指します。 よく勘違いしやすいのは、2回連続で叩くことを差すと思いがちですが、そうではありません。「1回の動作で2回叩く」ということがとても大切にな […]

続きを読む

ゴーストノート

小さいスネアの音のこと。別名「グレイスノート」とも言います。 8ビートの中や16ビートの中に入れることで、よりカッコいいビートに変身します。 海外のドラマーや、日本のトップドラマーのフレーズがかっこよかったりするのはゴー […]

続きを読む

ダブルストローク

ダブルストロークとは、1回身体的な動作をする中で2回打面を叩くという方法になります。通常シングルストロークの場合は ①振り上げて ②打つ ③1打音が出る といった動作が必要になりますが、ダブルストロークの場合は ①振り上 […]

続きを読む

トラディショナルグリップ

『レギュラー・グリップ』とも呼ばれるこの持ち方は、従来、ヨーロッパの軍楽隊(軍隊に属する音楽隊)が、太鼓を左前に吊るしながら行進演奏を行っていたことから必然的に生まれたと言われています。 現在のマーチングバンドや音楽隊で […]

続きを読む

ジャーマングリップ

手の甲が上にくる持ち方です。手の甲が上にくると、スティックリバウンドがよくとれるのと、音がやさしい音になります。手首をやや内側に回転させ、脇が開き、スティックとスティックの角度は90度に近くなります。 ジャーマン・グリッ […]

続きを読む

フレンチグリップ

親指の爪が上にくるグリップです。このタイプは大きな音を出すには適していますが、スティックの反動が少なくなる欠点があります。   ティンパニ奏者がこのような持ち方をすることから「ティンパニ・グリップ」という呼び名 […]

続きを読む

アメリカングリップ

音楽のジャンルや楽器の種類を問わず幅広く使われている最も万能性の高いグリップです。 手首角度をフレンチグリップとジャーマングリップの中間ポジションにすることで2つのグリップの利点を取り入れています。 ドラム初心者の方は、 […]

続きを読む

アタマ打ち

主に1泊ごとにスネアを打つことになるドラムのリズムパターンのこと。 わかりやすい所で言えばチャットモンチーの「恋の煙」などがあげられてると思います。 チャットモンチー/恋の煙 上記の動画のようなドラムリズムの最初にずっと […]

続きを読む

アタマ

曲の始まりや、Aメロ、Bメロ、サビといった各セッションの最初のことをごくごく一般的にアタマといいます。   「とりあえず曲のアタマから始めようか」 「Bメロのアタマから練習してキメの所練習しよう」   […]

続きを読む