ドラム初心者が独学でうまくなるための方法をまとめてみた!

ドラム初心者が最初につまづく問題はなんといっても、 「どうやって練習したらいいのかわからない」ということだと思います。 当サイトに訪れてこの記事を読んでくれているあなたもそう思っていることでしょう。 そこで今回は、ドラム初心者が独学で上手になるためにはどうしたらよいのか?ということをまとめていきたいと思います。 僕もドラムセット全体は高校生から始めた口ですので、初心者の時は何を練習して良いのか全

続きを読む

電子ドラムのセットの値段はどれくらい?3タイプ別に解説してみました!

これからドラムを始めようとしている方は、練習用として「電子ドラム」を購入しようと考えることはないでしょうか。ドラムというのは練習場所がかなり困る楽器ですし、近所迷惑にもなりますから音が出にくい電子ドラムの購入は誰もが通る道と言えますよね。 ただし、1つ言えることとして 電子ドラムの種類が多すぎてどれを買えばいいのかわからない! ということがあると思います。

続きを読む

ドラムのローディーってなんだろう?どんな仕事?メリットデメリットまとめてみました!

ドラムのローディーってよく聞きますが、どんな仕事かご存じでしょうか。 ローディーという職業は全然知られていませんが、ドラマーのプロを目指す人にとってとても大切な職業ですので、興味のある方は調べてみるといいと思います! そもそもローディーってなんだろう? ローディーとは別名ボーヤ、バンドボーイとも呼ばれ、主にバンドのサポートや機器、楽器の管理、セッティングなどを行います。

続きを読む

ドラム初心者がうまくなるための練習方法を伝授!

楽器の初心者が陥りやすい罠として最初に挙げられるのはなんでもかんでも ”自己流”で行うということです。 ただ、”自己流”がもし、悪癖となってしまったら、それを取り除くだけでも相当な努力が必要になります。 そういったことにならないように、今日は最適な練習方法をあなたに伝授したいと思います! まずはドラムを練習する場所を確保しよう! ドラムの最大の天敵、それは練習する

続きを読む

打楽器の初心者が最初にすべき練習方法とは?

色んな打楽器の練習方法がありますが、打楽器を始めた人が本当に練習しなければいけないことをご存じでしょうか? スティックワークなどを練習する人 が多いかとは思いますが、それよりも もっと重要な練習方法があります! それは「カウント」の練習です。 ドラムというのは"声を出しながら叩く" ことでリズム感が洗練されていきます。 ドラムの本場アメリカなどでは

続きを読む

ドラムにとってルーディメンツは必要なのかどうか

ルーディメンツ。 それはドラマーにとって永遠の課題であり、一生の友であり、かけがえのない存在です。 でも正直練習するのはしんどい(笑) そんなルーディメンツについて、今日は必要性を語っていこうと思います。 そもそもルーディメンツってなんぞや? ルーディメンツというのは本来、 ドラムコーやマーチングに使われるもので、 スネアを叩く際に

続きを読む

ヒールトゥや、アップダウンとはまた違う、足グラッドストーン奏法について

今日は足グラッドストーン奏法 (本当はどう呼ぶのかわかりませんが、手のグラッドストーン奏法の応用だと思ったのでこう解釈しております。)について、解説させて頂きたいと思います。 足というのは"距骨"とよばれる骨の周辺を使って 動くとより素早く動くことが可能です。 手でいうところの手首を担当していると 思って頂ければわかりやすいかと思います。 ここが動いていることを意識する

続きを読む

テンポキープは声でリードするのがよいPart3

テンポキープは声でやるのがよい。 の第三弾ということで今日は記事を書きたいと思います。 実際にどういう風にカウントしたらいいの?ということにお答えしていきましょう。 まず、一般的に重要な音符は以下の6種類! 4分音符 8分音符 16分音符 32部音符 3連符 6連符 第1段としてこの音符の数え方をマスターしていきます♪

続きを読む

テンポを左足でキープしている人はいますぐやめましょう!

誤解がないように最初にいっておきますが、左足でテンポをキープする ということがダメなのだということではなく、左足を動かすということの”目的”は リズムキープではなく、ゴーストノートをいれることと思ったほうがよい。ということです。 というのも、左足を動かすと ハイハットが多少動いてしまい、 リズムのニュアンスが 多少変わってしまうのと、 リズムは本来

続きを読む