アレクサンダーテクニークとは?実践方法と効果のまとめ

今ミュージシャンや、身体の自由がきかない方から注目されているメソッドがあります。 それはアレクサンダーテクニークと言われるものです。 身体のちゃんとした使い方を知りたい 自分の悪い癖を治したい 楽器の音質をよくしたい アレクサンダーテクニークを学ぼうとする方には、このような悩みがありますが、アレクサンダーテクニークをマスターすることで驚くほど悩みが改善しま

続きを読む

バイオリン奏者がアレクサンダーテクニークで解決すべき、2つの重大なポイント

アレクサンダーテクニークとバイオリンの関係といえば、やはり手や頭の使い方にあると思います。アレクサンダーテクニークとは「身体の不必要な緊張を抜く」ということが主になりますので、大変楽器奏者とは相性が良いと言えます。 今回はバイオリンに焦点を当てて、アレクサンダーテクニークとの関係性を見ていきたいと思います。この記事を読むことで、自分の身体を深く知ることができますので、是非読んでみて下さい。

続きを読む

アレクサンダーテクニークのワークショップを姫路で行ってきました!

先日、アレクサンダーテクニークの生徒である山崎さんのお誘いを受け、アイリッシュハープ奏者のみつゆきさんと一緒に姫路でアイリッシュハープとアレクサンダーテクニークの合同ワークショップを行ってきました。 今回はそんなワークショップの一日をふり返っていきたいと思います。 まずは書写山へ まずは姫路でも観光スポットとして有名な書写山に行ってきました。 ふもとからリフトを使っ

続きを読む

アレクサンダーテクニークと視力の関係性「アイボディ」について解説しました

アレクサンダーテクニークを目に応用したいという方はたくさんいらっしゃいますが、あまり方法が示されていません。アレクサンダーテクニーク業界で有名な目のメソッドとしては アイボディ ベイツメソッド の2種類があります。 今回はその中でも「アイボディ」という本について解説していきたいと思います。 アイ・ボディ 脳と体にはたらく目の使い方 [ ピーター・グルン

続きを読む

アレクサンダーテクニークはギターにとって有益!身体の不調が解決する圧倒的メソッド!

アレクサンダーテクニークはギターに効くのでしょうか?というお問い合わせをよく頂きます。ぶっちゃけて言ってしまえば、ギタリストがアレクサンダーテクニークを知らないのはかなりの損です。 アレクサンダーテクニークを知っていれば スキルの上達が早くなります 指の豆がなくなります 身体の不調が改善します 今日はこんなアレクサンダーテクニークについて、ギターとの関係から紐とい

続きを読む

【アレクサンダーテクニークでランニングを極める】本の内容をまとめてみました。

ランニングにおいてアレクサンダーテクニークというのは大きく効果を発揮することをご存じでしょうか。アレクサンダーテクニークは身体の使い方を解説するメソッドになるため、走ることにおいて思わぬ効果を発揮することができます。 今回はそんな「ランニング」ということに焦点を当てた名著、「ランニングを極める」の内容を要約してみましたので、是非目を通してみて下さい。 ランニングを極める アレク

続きを読む

アレクサンダー テクニークで吃音は治る!重要な1つのポイントとは?

体験レッスンを行っていく上でよく言われることとして、「アレクサンダーテクニークで吃音を治すことはできますか?」と聞かれる生徒さんがいらっしゃいますが、吃音を必ず克服できる方法というのはありません。ですが、アレクサンダーテクニークを使って吃音を自然のうちになくす方法はあります。 それはアレクサンダーテクニークが悪い習慣を無くしていくメソッドだからです。今日は、なぜアレクサンダーテクニークが吃音

続きを読む

アレクサンダーテクニークの講師が選んだ、レッスン場17選!【全国版】

アレクサンダーテクニークのレッスンというのは全国各地に多数存在し、どこに習いにいけばいいのかわからないことが多いです。 今回は、アレクサンダーテクニークのレッスンを行っている場所は厳選した17のレッスン場を紹介していきたいと思います。 アレクサンダーテクニークの講師資格を持つ、佐藤慎一郎が厳選したレッスン場となっております。 全国各地の場所を記載していますので、この記事を是非参考

続きを読む

アレクサンダーテクニークとピアノの関係性。7つのメリットをご紹介!

ピアニストの方はアレクサンダーテクニークという言葉を聞いたことがあると思います。 主に音楽家のための身体メソッドになりますが、これをマスターすることで、音楽家にとって大きなメリットがあります。 音質がよくなる 身体の使い方がマスターできる 腰痛、フォーカルジストニアなどの難病が改善する 音楽家、特にピアニストに関しては得なことしかありません。今回はピアニストにとっ

続きを読む