おやすみホログラムと一緒にやって有名なアヒトイナザワとは?

LINEで送る
Pocket

アヒトイナザワといえば、いわずとしれたロックバンドNumberGirlのドラマーさんですよね。だいぶ前のバンドにはなりますが、泥臭いロックな感じのバンドで、すごい技術があります。

手数で攻めるのが好きなドラマーさんには大好物のドラマーさんです。今日はそんなアヒトイナザワさんの情報をまとめてみました!

参考動画

 numbergirlのINAZAWACHAINSAWです。楽曲の終盤、まさにチェーンソーで切ったような音色、音数が印象に残る楽曲で、大好きだというドラマーさんも多いのではないでしょうか。手数で攻めるこのスタイルはまさにゴスペルチョッパーのようですね!

wikipedia情報

  • 犬・ネコなどを愛する。愛犬はシーズー。名前はクック。

  • サッカー好き。

  • 趣味は釣り、人口動態。

  • 国際運転免許証を持っている。

  • ホーミーが出来る。ナンバーガールのアルバム『NUM-HEAVYMETALLIC』収録曲「黒目がちな少女」でホーミーを行った。

  • ネコの鳴き真似なども得意で、ナンバーガールの作品でもフィーチャーされている。

  • デビュー前はジーンズショップ、服屋、運送会社、甘栗屋と様々なアルバイトをやっていた。

  • ナンバーガール時代の代表曲「OMOIDE IN MY HEAD」等イントロがドラムスから始まる曲では、演奏前に向井が「ドラムス、アヒト・イナザワ」とMCを入れるのが通例になっていた。

  • 童顔であり、更に長めの髪をゴムで括っていた時期もあった。そのため、東芝EMIの新人発掘スタッフは、ナンバーガールをスカウトする際、髪を括ったアヒトの映ったライブ映像を観て、女の子のドラムがいるバンドだと勘違いしていた。向井曰く「アレはレモンヘッズのマネ」とのこと。

  • 福岡県の糟屋郡出身[要出典]で、他のメンバーよりも博多弁がコアである。しかし、上京後に地元に帰郷した際、地元の若者の喋る方言に自分もああやって喋っていたのかとビックリしたと語る。

  • 2005年のカウントダウンライブでVolaのメンバーでもあるSyrup16gの中畑大樹と共に会場内の飲食店で泥酔し、そのまま運び出された。酒にまつわる失敗談は多く、ナンバーガール時代、ライブ中にビールを飲み、誰が見ても明らかなほど酔っ払った状態で演奏したり、記録用のビデオカメラの前で放送できないような発言をした事もある。その様子は映像作品「NUMBER GIRL映像集」で観る事が出来る。

  • アメリカツアー中、購入した腕時計をスタッフやメンバーに嬉しそうに自慢していたが、その直後にエレベーターの中で大破させてしまい、ひどく落ち込んでしまった。

  • 2006年秋の雑誌「PS」(小学館)のCMで、モデルのアリスの後ろでドラムを叩く姿を見ることができる。

評価チャート

 手数

★★ 手数

手数

手数

★ 手数

総評

主に手数で攻めるタイプのドラマーさんですね。ゴスペルチョッパーの僕としては、すごく共感できるドラムを叩く人です。

やっぱりドラムは叩きまくるのがすごく楽しい!NumberGirlは叩きまくり、弾きまくりなのにちゃんと楽曲として成立してるのがすごい所ですよね。

パンク好きなドラマーさんにとっては、親近感があるドラマーなのではないでしょうか。

まあ、この時代はこのように手数で攻める感じのドラマーさんも数多くいらっしゃったので、好みが分かれそうなドラマーさんではあるかと思います。

今日の一句

アヒトさん
あなたはいったい
いまどこで

LINEで送る
Pocket

コメントを残す