T-SQUAREの則竹裕之、シンバルで有名なサカエをよく使うドラマー!  

則竹裕之氏はなにを隠そうT-SQUAREの元ドラマーさんですね。

日本人ドラマーの中ではかなり有名な部類に入る方ではないでしょうか。

参考動画

 則竹裕之氏のドラムソロです。かなり貴重なビデオになると思います。だって白黒ですし(笑)こんなビデオが見れるなんて本当に良い時代になりましたよね~。音質的に手首を中心に使うドラミングな気がしますよね。

wikipedia情報

  • ジャズドラマーだった父親の影響を受けドラムを始め、神戸大学在学中の1985年にスカウトされる形でTHE SQUARE(現:T-SQUARE)に加入し、プロデビューを果たす

  • T-SQUARE所属中も、テレビ番組「タモリの音楽は世界だ!」内のバンド「CORE-CHANz」のドラマーを務めていた(1994年にT-SQUAREとCASIOPEAが番組に出演した際には、オープニングではCORE-CHANzとして演奏した後に、T-SQUAREのメンバーとして出演した)。

  • 2000年にT-SQUAREのバンド形態が解消されたことに伴ってベースの須藤満と共に脱退したが、その後もスクェアのサポートメンバーのドラマーとしてライヴやレコーディングに参加し、ソロをはじめスクェアからの盟友本田雅人のバンドや、本田のサポートを通じて親しくなった青木智仁との「青則」など他のセッションでも活動している。

  • スクェア時代に作曲法を習得し、スクェアに提供したのを始め(「勇者(YUH-JA)」など)、1999年にはソロアルバム『DREAMS CAN GO』をリリースしたり、参加プロジェクトではオリジナル作品もその都度提供。

  • 2004年になると、アマチュア時代から尊敬して止まない元CASIOPEAのドラマー神保彰とのツイン・ドラムユニット、Synchronized DNAを結成して活動開始。同年末にはその神保が既にサポート参加しているCASIOPEAのツアーにもSynchronized DNAとして参加を果たした。

  • 2005年にはDVDソフト「ダブル・ドラム・パフォーマンス」をリリースし、それを記念したライブハウス・ツアーも敢行。また7月にはCASIOPEAのツアーに再参加した。

  • 2005年 若手女性ギタリスト安達久美と則竹との双頭バンド「クラブパンゲア(club PANGAEA)」を結成。他のメンバーは、NANIWA EXP.のベーシスト、清水興、T-SQUAREのキーボード、河野啓三。同バンドは、後に「安達久美 クラブパンゲア(club PANGAEA)」に改名。2007年3月21日にはジミ・ヘンドリックスのカバーをフィーチャーしたファーストアルバム『リトル・ウィング』を発売。

  • 2006年にサックスの本田雅人、キーボードの松本圭司、ベースの須藤満と共に、メンバー全員が元T-SQUAREメンバーだったというバンド、MASATO HONDA with VOICE OF ELEMENTSを結成。7月にセルフ・タイトル・アルバムをリリース。

評価チャート

T-SQUARE

★★ ロック

 スティックコントロール

 力強さ

★ T-SQUARE

総評

T-SQUAREの則竹裕之氏といえば、今の30代バンドマンにとってはすごく有名な方ですよね。楽曲的にもかなり難しく、演奏するだけでもかなりの技術がいるT-SQUAREは、中級者ドラマーにとっての登竜門ともいえるバンドです。

 

今では、そんなに若い子には知られていないバンドではあるため、是非、10代、20代のドラマーさんに聞いてほしい!そんなドラマーさんではありますね。

 

変拍子もばりばり使うドラマーさんのため楽譜を買ってきてコピーしようとするとわけわからなくなるのが、T-SQUAREあるあるだと思います(笑)

今日の一句

則竹さん
T-SQUAREの
名ドラマー

コメントを残す