アタマ

曲の始まりや、Aメロ、Bメロ、サビといった各セッションの最初のことをごくごく一般的にアタマといいます。

 

「とりあえず曲のアタマから始めようか」

「Bメロのアタマから練習してキメの所練習しよう」

 

などといった使い方をします。主にバンドリーダー的な役割をしている人が「アタマから始めよう」といった使い方が多いため、あまりドラマーは使わないことが多いかもですね。

ただ演奏でお金をもらっている場合などは、頻繁にやり取りする用語になりますので、覚えておくといいと思います。

 

コメントを残す