yukihiroをご存じですか?L’Arc〜en〜Cielのドラマーですが、ヴォーカルもする天才肌!

yukihiroはラルクアンシエルのドラマーであり、ラルクの楽曲の幅を広げた一人です。
今日はそんなyukihiroについて解説していきたいと思います。

参考動画

yukihiroのドラムソロの動画です。正直ドラマーからしたら「単純なソロ」と思いがちになるかもしれませんが、エフェクトや効果を使って、お客さんを盛り上げている様はエンターテイナーとしてとても参考になるのではないでしょうか。ドラムの技術としてはそんなにすごいことはしていませんが、盛り上げ方は参考になるかと思います。

評価チャート

チャイナシンバル
チャイナシンバル
チャイナシンバル
チャイナシンバル
チャイナシンバル

総評

そう。チャイナシンバルです。
yukihiroの特徴としては、チャイナシンバルをよく使うってことがあげられますよね。

この人のドラムソロにはそんなに魅力は感じませんが、やはり歌もの楽曲におけるドラムセンスにはすごい物があります。
歌もの楽曲のドラムを感性ではなく、理論的に芸術として高めている数少ないドラマーではないでしょうか?

 

yukihiroもとい、ラルクの楽曲を聴いたのはドラムを始めてまもない時でした。
当時、「すげえ洗練されてるなあ・・・」と思った記憶があります。

 

かなり、メロディーを意識しているというか、歌詞とメロディーをとても大事にするドラマーさんですよね。

 

ドラムソロはあまり参考になりませんが、楽曲はすごく参考になるので、チェックしてみると良いかと思います。

 

また、acid androidというバンドでは、フロントギターとヴォーカルも務めていますので、気になった方はそちらもチェックしてみると面白いかもしれませんね。

 

今日の一句

ラルクはね
僕らの世代の
スターです

コメントを残す