アレクサンダーテクニークとボディチャンスの関係性

アレクサンダーテクニークには実は2つの流派があるのをご存知でしょうか?

アレクサンダーテクニークと呼ばれる
源流から流れてきてるもの。

ボディチャンスと呼ばれるもの。
以上の2つがあります。
どちらもアレクサンダーテクニークです。

なぜ2つもあるの?

アレクサンダーテクニークの創始者、アレクサンダーさんは
元々俳優さんでしたが、この人には2人のお弟子さんがいました。

2人とも熱心に学びましたが、
1人は師匠と喧嘩をしてしまいました。

自分なりに理論をブラッシュアップした結果、
師匠と意見が食い違う所があったそうです。

1人の弟子はそのまま師匠の考えを受け継ぎ、
ヨーロッパで活躍、のちにドイツに広まり
ドイツにて市民権を得ました。

1人の弟子はアメリカへ渡り、自分の理論
を組み合わせ、ボディマッピングと名前を変え、
アメリカで市民権を得ました、

そのため、ドイツとアメリカから文化が流れて
きている日本ではボディマッピングという
名前の方が有名です。

具体的にはどこが違う?両方教えてることは同じ?

正直全然違います。源流派の方はプライマリーコントロール
を重要視しているため、セミスパインやプライマリーコントロール
のレッスンが多いです。

ボディマッピングは身体の正常な位置などを教えるのが
多いようです。

僕は源流派になるので、先生を選ぶ時はそこに
注目して探すのも大事だと思います。

今日の一句

ボディのね
ケアをすると
よかですばい

コメントを残す