アレクサンダーテクニークにおける、腕のリラックスの大事な要素両側性転移とは?

LINEで送る
Pocket

 

両側性転移。聞きなれない言葉ですが、腕を自由に使う上でとても大事な要素になっています。

両側性転移は身体を動かす全ての人に有益なんです。

 

 

 

そもそも腕が自由に動くとは何か

腕が自由に動くというのは、
以下にまとめることができます。

  • 首が自由に動く
  • 頭が上と前のイメージをもっていること
  • 背筋が広く伸びていること

アレクサンダーテクニークではおなじみ、
プライマリーコントロールですね。

プライマリーコントロールがあることで、
緊張とリラックスの丁度良い地点を発見
することができ、腕を自由に操れるようになります。

 

だから両側性転移ってなんなのよ

 

腕が自由になると背中が腕を支え、
腕が背中を支える。
という不思議な感覚に襲われることがあります。

右手が動くと左手が動く
左手が動くと右手が動く

人間の身体を動かす時は
実は対になってる部分が影響しあっています。

右手でパンチをだすときは左手をひくと勢いがでる
左足をあげるときには、右足は地面に対して力が加わる

などなど、反対の部分を利用することで、
より力がでるんですね。

これが両側性転移です。

よくスポーツなどの世界で、
何かをしているのと反対の手が大事
などと言われますが、

まさに両側性転移が感覚でわかっているための
理論だったんですね。

まあこれを知識として集約した、
アレクサンダーさんが1番すごいですが(笑

今日の一句

両側性
利用するなら
首大事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す