電子ドラムの選び方、ポイント3選!

 

初心者の電子ドラムの選び方で気をつけておきたいポイントは3つ!

電子ドラムメーカーというのは大きく分けて
3つの種類があります。

  • YAMAHA(ヤマハ)
  • LORAND(ローランド)
  • その他

この中から、どういう基準で電子ドラムを
選んでいけばいいのか、ポイントを紹介していきます。

増設できるかどうか

電子ドラムというのは、メーカーや種類によって
太鼓の数を増やしたりすることができます。

なので、後から追加するのか、
それともスタンダードのままでいくのか、
よく考えておきましょう!

といっても初心者の方は、ほとんど増設することもないので、
値段で決めてもらってもOKです。

静音性が高いかどうか

やはり、電子ドラムといっても多少の響きはでます。
例えば本を手で叩くとパンパン音が鳴りますよね?
あれぐらいの音は出てしまいます。

静音性の高さによって価格が驚くほど違ってきますので、
値段が低いほど、静音性は悪いと思ってもらって良いです。

現在静音性が一番高いもの
ROLANDのメッシュ素材型電子ドラムとなっております。

音の大きさが気になる方はROLAND一択で良いかと思います!
ただし20万程度かかってしまいます・・・・

価格帯はどれを選ぶのか

電子ドラムの相場は大体
5万~7万 (YAMAHA DTXシリーズ
10~13万
20万以上~(ROLAND V-drumsシリーズ

の3つに分かれており、
上のランクになればなるほど

増設が可能だったり、
静音性が高かったり、
音の微妙な調整ができたりします。

「価格」で選ぶのか「質や増設」で選ぶのか
そこを基準に電子ドラムを選びましょう!

今日の一句

電子ドラム
子供のうちから
叩きたい

コメントを残す