アレクサンダーテクニークにおける基礎、プライマリーコントロールとは?

LINEで送る
Pocket

21アレクサンダーテクニークで基礎と言われるプライマリーコントロール。その特徴について解説していきたいと思います。正直、これさえおさえておけばアレクサンダーテクニークは大丈夫と言われるくらい、大切な要素です。

 

 

 

首と頭と背骨の関係性が大事

首と頭と背骨、これらを適切な関係を総称して
アレクサンダーテクニークではプライマリーコントロールと呼んでいます。

どんな状態であっても、プライマリーコントロールが整っていれば
それが一番正しいと考えるのがアレクサンダーテクニークです。

非常にシンプルでわかりやすい!

部分をコントロールするのではなく全体をコントロールする

腰痛の原因は腰が悪いからだ。とか
肩こりの原因は肩の使い方が悪い。など

部分を直すことで原因を直そうとする方がいますが、
アレクサンダーテクニークではそれはしません。

プライマリーコントロールを整えれば、
腰痛や肩こりなど、不調は副産物的に無くなっていく。
という考えです。

プライマリーコントロールを整えれば全ての悪影響が無くなる!

僕は以前、ひどい肩こり、腰痛に襲われており何度も
接骨院に通っていましたが一切直りませんでした。

ですがアレクサンダーテクニークを始めた今では
何もありません。至って健康です。

それ所かドラムの音もよくなり、
良いことづくめです。

音楽関係者は特に注目したいアレクサンダーテクニーク。
是非一度調べてみてはどうでしょうか。

今日の一句

テクニーク
テクニックでなく
テクニーク

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す