吹奏楽部でアレクサンダーテクニークを取り入れれば一気にうまくなる!

今日は19吹奏楽の強豪校にとってはいまや常識となりつつあるアレクサンダーテクニークについて、お話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

そもそもアレクサンダーテクニークってなんだろう?

簡単に説明するのであれば、頭、首、背骨の関係
(プライマリーコントロール)に着目して、身体の使い方を整えて
いこうというメソッドです。

なぜ吹奏楽部に必要なのか?

楽器を練習する際に大体の方は結果主義になっています。

  • 息を長く吐けるようになりたい⇒ロングトーンの練習
  • 腹式呼吸ができるようになりたい⇒お腹に注目して呼吸の練習

実はこういう練習をしていても一向にうまくはなりません。
こういった練習方法で上達した方は
“身体が使い方を最適化できるようになった”

要にしかすぎません、言うなれば”慣れた”んですね。
アレクサンダーテクニークは頭、首、背骨の関係に着目するだけで
吹奏楽関係の悩みを全て解決できる

夢のようなメソッドなんです!

アレクサンダーテクニークで身につくノウハウ

  • 腹式呼吸の習得
  • ロングトーンを効率よくできるようになる身体の使い方
  • なぜうまくならないのかを理論的に考えることができるようになる
  • 腱鞘炎や腰痛からの解放

などなどたくさんのメリットがあります!

どこで学べるの?アレクサンダーテクニークをもっと知りたい!

アレクサンダーテクニークの書籍はたくさんでていますし、
また僕の公式HPから予約して頂ければ、

学校へ無料で出張レッスン
行うことも可能です!

またインターネットで検索して頂ければ、
情報もたくさん出てくると思いますので、

是非一度調べてみてくださいね!

今日の一句

アレクをね
覚えてなくそう
腰痛を

コメントを残す