ドラムのテンポキープのコツは、声でリードしてあげること。

LINEで送る
Pocket

ドラムベースなど、リズム楽器にとって“テンポキープ”
永遠の課題といっても過言ではありません。

よく言われているのは、
①頭の中でテンポを刻む。(パルスを刻むともいわれます)
②足でテンポを刻む。(ハイハットを踏む左足などで)
など、色々ありますが、

“声でリズムをとる”

とテンポキープがしやすくなります。

この感覚を文章で伝えるのはとても難しいのですが、
声を出す→自然と手が動く→叩ける

ざっくり説明するとそういう感じです(笑)

上記の動画は、ルーディメンツの王者Steve Gaddの動画です。
3:24~から始まるソロで微妙に唸っているのが確認できると思います。
是非よく動画をみて研究してみてください!

もし詳しく聞きたいという方は
アレクサンダーテクニークの理論に基づいて、ご説明することが可能ですので、
是非一度、無料体験レッスンにお越し下さいね♪

今日の一句

声を出す
ワンツースリーフォー
変な人

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す