ドラムがうまくなるには曲を想定して練習することが鍵

ドラムをうまくなるために大事なこと。
それは曲をいつも想定して練習することです。

よくミュージシャンに共通していることとして
”本来の目的”からはずれ、”練習をする”という目的に変わっている方がいらっしゃいます。

例えば、「ルーディメンツを曲中で叩けるようにしたい!」
という目的があってルーディメンツを練習しているのに、
ルーディメンツのやり方の練習ばかりで、
”曲中で使う”練習をしない人とか。

「ギターでこの曲をアルペジオで弾けるようになりたい!」
という目的があるのに、アルペジオのパターンばかり練習しているとか。

そうならないように練習の最後には
練習したことを曲中で使う練習をしましょう!

例えばドラムなら、ルーディメンツのパターンをフィルインで使ってみる。
ギターであれば、やりたいと思った曲のコードでアルペジオを弾いてみる。

こういったことをしっかり意識しながらやると、
上達も早いと思います♪

それでは一句

最近ね
コーヒーがやたら
おいしいよ

コメントを残す